老犬用ドッグフードの選び方と与え方

何年も一緒に過ごしてきた愛犬も、いつの間にか寝ている時間が長くなり、活発に動き回ることも少なくなっていませんか?
それは愛犬が老犬期に入ったサインです。

これからも元気でいてもらうには、飼い主がのサポートが必要ですが、その中でも特に大切なのが“食事”です。

ここでは、老犬に適した食事について、ドッグフード選びや与え方のポイント、気をつけてあげたいことをまとめました。

成犬に必要な栄養

一般に、犬の老化のはじまりは7歳頃といわれ、大型犬になるほど早まる傾向が見られます。
老化のサインには、目鼻の周囲の白髪、運動量の低下などがありますが、体の内側でも筋力や消化能力が低下したり、歯が悪くなったりと、少しずつ様々な機能が失われていっています。

ですから、老犬にはこれらをサポートする栄養組成の食事が必要です。

例えば、老犬期は成犬期よりも運動量が低下するため、必要なエネルギー量は少なくなりますが、一方で筋力を維持するために消化吸収の良いたんぱく質が必要になります。

これらをバランスよく含むのが、老犬用のドッグフードです。
老化のサインが見られたら、老犬用(シニア用)フードに切り替えてあげましょう。

しかし、7歳を過ぎたからと言って、今まで通りの運動量と生活を維持できているのなら、老犬用に変更せず、そのまま成犬用フードを与えることをおすすめします。

老犬用フードは運動量が低下した犬用なので、低カロリーに設計されています。
もし、愛犬の運動量が低下していないのに老犬用に切り替えてしまうと、必要なエネルギーが摂取できない可能性があるのです。
老犬用に変えるのは、老化のサインが見えてからにしましょう。

逆に、運動量が低下しているのに、いつまでも成犬用フードを与えるのは、肥満の原因になりますよ。気をつけてくださいね。

また、老犬期では特に水分を多く与えてください。
水分不足は食事が喉を通りにくくなるだけでなく、腎臓や肝臓にも負担を与えます。きちんと水分補給ができるように、常に新鮮な水が飲めるようにしてあげましょう。

選び方のポイント

どの世代の犬にも共通しますが、基本は「総合栄養食」と明記されている老犬用フードを選ぶことです。

できれば、老犬期の愛犬には“無添加”のフードをおすすめします。
すべての添加物が体に悪いわけではありませんが、これらの物質は体内に入ると肝臓で解毒され、体外に排出されるという過程をたどります。
もともと犬の肝機能は人間ほど高くなく、さらに老犬は内臓機能も低下しているので、添加物入りのフードは余計な負荷をかけることになります。

無添加のフードは変質しやすいため、少量パックの購入や冷蔵庫で保管するなどの工夫をすると良いでしょう。

また、老犬用フードの中には、低カロリーにするためにたんぱく質量が少なくなっているものが見られます。
このような製品はできるだけ避け、“低カロリーでも高たんぱくの製品”を選ぶようにしてください。

前項で述べたように、老犬は運動量が落ちるため筋肉量も低下しますが、寝たきりにしないためには、筋肉のもととなる良質なたんぱく質の補給と、適度な運動が欠かせません。

これは最近の研究で明らかになったことですが、老犬期には成犬期以上のアミノ酸(たんぱく質)が必要といわれています。
老犬用フードでもたんぱく質をしっかり補給できる製品を選ぶようにしましょう。

食事量と回数

犬も年をとってくると、一度に食べる量が少なくなったり、食が細くなったりと、食事に変化が見られますね。

食事回数は基本的には成犬と同じ1日1~2回ですが、7歳と15歳では同じ老犬でも大きな差があります。高齢になるほどに1回の量を減らし、回数を増やしていきましょう。

1回に食べる量は減っても、1日で食べた量がドッグフードのパッケージ記載量と同等なら、心配することはありません。

もし、1日あたりの食べる量が減ってきているのなら、愛犬が食事に関するトラブルを抱えているのかもしれません。
次項を参考に、工夫してみましょう。

注意すること

老犬になると体の様々な機能が低下するため、今まで通りに食事ができない(しにくい)ケースも見られます。
高齢の犬では食欲の低下が衰弱につながる可能性もありますので、その原因を探って何らかの対策をとってあげることをおすすめします。

食事ができない(しにくい)理由で多いのは、次の3つです。愛犬に当てはまらないか、考えてみましょう。

硬くてたべられない

加齢に伴い、歯が悪くなるのは犬も人間も同じです。もしかしたら、フードが硬くて食べづらいのかもしれません。また、ドライタイプは喉を通りづらく、胃もたれを感じている可能性もあります。
こういうときは、フードを水でふやかして与えてみましょう。犬用のミルクをかけると嗜好性もアップします。水やミルクを人肌程度に温めてあげるのもポイントです。

嗅覚が衰え、食欲がわかない

犬の嗅覚は優れていますが、老化と共に失われ、匂いがわかりづらくいのかもしれません。
この場合、香りがたつように電子レンジで食事を温めてやると、匂いを嗅ぎ取りやすくなり、食欲がでることがあります。
また、焼いた肉や肉のゆで汁(脂肪分が少なめのもの)をフードに混ぜたりかけたりする方法もおすすめです。
特にゆで汁をかけるのは、フードをふやかすこともできるので一石二鳥ですよ。

食事の態勢が辛い

足腰の筋力の低下、首や関節の痛みが原因で、頭を下げて食べる姿勢が辛いのかもしれません。食器を台の上に乗せるなど、楽な姿勢で食べられるようにしてみましょう。

1日でも長く元気に過ごしてもらうために、飼い主ができることは限られています。
ですが、食事は毎日のことですから、効果も高いはず。愛犬のライフスタイルにあった食事を与えてあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA