犬におやつは必要?与えるときのポイント

愛犬とのコミュニケーションに欠かせない“おやつ”。喜んで食べる愛犬の姿は、飼い主にとっても嬉しいものです。

でも、何気なく与えているおやつが、愛犬にとって害になる場合もあるって、知っていますか?

ここでは、犬のおやつを正しく効果的に与える方法を中心にお伝えします。

上手にあげれば、愛犬の健康にも役立ちますよ。

おやつは必要?

根本的な問題ですが、犬にとって“おやつ”は必要でしょうか?

答えはNo。栄養面だけ考えれば、1日2回のドッグフードだけで十分です。

ですが、犬にとって“食べること”は大きな楽しみの一つ。
おやつはドッグフードよりも犬の嗜好性に合わせて作られていますから、喜んで食べてくれますね。
これをしつけのご褒美として上手に活用するのなら、おやつは決して不必要なものではありません。
上手に活用しましょう。

おやつを与えるときの注意

犬はおやつを与えると喜びますが、そのために与えるのはNGです。

前述したように、おやつは食事用のドッグフードよりも犬が好む味になっています。
塩分や脂肪分が多い組成ということです。あまりヘルシーとは言えませんね。

さらに、犬が欲しがったときにおやつを与えるのもNGです。
これは犬の要求を許していることになり、飼い主の主従関係が崩れる結果につながりかねません。
おやつは飼い主の指示に従ったときの“ご褒美”として与えるようにしましょう。

また、人間用のおやつ(食事)を上げてはいけません。
人間用の食べ物は犬の消化器官に負担を与えるものが多く、健康を害するきっかけになります。必ず犬用のおやつを与えてください。

おやつの与え方とタイミング

おやつは比較的カロリーが高いものが多く、あくまでも補助的に与えるものですから、おやつのせいで食事ができないようでは本末転倒です。
愛犬の食生活を乱さないように与えましょう。

次の2点に注意しましょう。

1つは、食事とおやつの間隔をしっかりと空けること。

人間でもそうですが、おやつを食べた直後は満腹感があり、食事できませんよね。
ましてや犬には「食事だからちゃんと食べなきゃ」という意識はありません。
お腹がいっぱいなら、見向きもしないはずですし、食べ残しもします。

ですから、おやつを与える時間は、食事の2時間くらい前までが良いでしょう。
もし、日中不在で犬の夕食前におやつの時間が取れないのなら、犬が完食したご褒美として食後に与えても良いですね。

もう1つは、おやつの量です。

犬の栄養源はドッグフードがメインです。これを中心に食生活を組み立てることが犬の健康にとって一番大切です。

ですから、食事に影響するほど、あるいは食事の代わりにおやつを与えることは、肥満や糖尿病などの病気につながります。
適正な量を心がけましょう。

おやつの適正量は1日の摂取カロリーの1~2割程度が目安です。
おやつを与えすぎないように、あらかじめ1日分のおやつの量を決めておくことをおすすめします。

おやつの与え方のコツ

小型犬の場合、「おやつの量を計算してみたら、ジャーキー数本が1日分だった」ということもあります。

でも、愛犬の喜ぶ姿を見たい飼い主の心情としては、与える量が少ないとその回数も減ってしまう…と残念に思うかもしれません。

でも、愛犬を喜ばせる良い方法があるんです。
それは、おやつを小さくして与えることです。

犬には食べ物を丸のみにする習性があります。ほとんど噛まないんですね。
ですから、おやつが大きくても小さくても食べきるまでの時間はほとんど同じです。
そこで、「おやつを小さくちぎって、できるだけ回数を分けて」あげれば、
愛犬とのコミュニケーションを数回で終わらせることなく、回数を増やすことができるんですね。

犬もおやつそのものだけでなく、“飼い主からおやつをもらうこと”にも喜びを感じているはず。
この方法にすれば、愛犬も満足してくれること間違いなしですし、しつけや芸を覚えさせる回数も多くとることができますよ。

犬に適したおやつとは?

犬用のおやつは種類が豊富で、どれを選ぶか迷う飼い主も多いと思います。
ドッグフードと同様に口から入るものですから、上手に選んであげたいですね。

犬が喜ぶ風味に仕立てているものもありますが、塩分やカロリーの摂りすぎは高血圧や糖尿病の原因になりかねません。
また、おやつには防腐剤・漂白剤などの添加物が含まれるものも多く見られます。
パッケージの原材料をよく見て選びましょう。

また、用途に合ったおやつを与えるのも方法です。例を挙げておきますので、参考にしてくださいね。

肥満防止にクッキー(ビスケット)

肥満気味の犬におすすめの低カロリークッキーです。
硬めなので食べるのに時間がかかる上に、お腹の中で水分を含むと膨らむので、満腹感を得られます。
規定量の食事をした後に与えて、食べ過ぎを防止するのも良いでしょう。

栄養補助にチーズ

栄養価が高いので、食欲の落ちた老犬や、体力回復中の産後の犬などの栄養補給に適しています。
スティックやパウダーなど、形態も様々です。
食欲不振の犬にはパウダータイプを食事と混ぜて、嗜好性を高めてやる方法もあります。
健康な犬には肥満のもとになるので、与えすぎないようにしましょう。

ストレス解消・歯垢除去にガム

おやつの中でも種類が豊富な犬用のガム。食べるのに時間がかかるので、ストレス解消にピッタリです。愛犬や目的に合ったものを選ぶと良いでしょう。
犬用ガムの中には、オーラルケアができる“歯磨きガム”もあります。きちんとした効果を得るには、
定期的に与え、歯垢が溜まりやすい奥歯にガムが当たるように噛ませることが大切です。飼い主がガムを支えてあげると良いでしょう。
口臭が気になる犬にも試してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA