手作りの犬の食事

犬の食事は市販のドッグフードが主流ですが、“愛犬が好まない”“ニーズに合わない”という場合もありますね。愛情たっぷりの手作りの食事を与えたいという飼い主もいることでしょう。

しかし、犬は人間と体の構造が異なりますから、正しく理解したうえで手作りする必要があります。

ここでは、犬の食事の手作り方法や与えてはいけない食材などの注意事項など、詳しくお伝えします。

犬の食事を手作りする・注意事項

いきなりですが、注意事項からです。
せっかくの食事が愛犬の健康を害したら、意味がないですからね。まずは、これを理解することが愛犬のためといえるでしょう。

与えてはいけない食材

犬の代謝機能は人とは異なるので、与えてはいけない食材があります。

ネギ類(長ネギ・タマネギ・ニラ・ワケギ・らっきょ・アサツキなど)

ネギ類はアリルプロピルジスルファイドを含み、これが赤血球を破壊してしまいます(中毒症状)。加熱しても不可です。

牛・豚・鶏などの骨は基本的には与えない方が無難です。中途半端な大きさで丸飲みし、消化管につかえて手術になるケースや、歯が欠けるトラブルも意外と多く起こります。
特に、鶏肉は折れた時に先端が尖り、消化器系に傷が付きます。魚の硬い骨も刺さるトラブルが発生しやすいので、止めておきましょう。

調味料・香辛料

塩分を多く含む汁もの(ラーメン、みそ汁など)や加工食品(ハム、ベーコン、チーズなど)は与えないようにしましょう。
犬は汗をかきにくいので、過剰な塩分を体表から排出できず、代謝に悪影響を与えます。コンソメなどの調味料はネギを含むこともあるので不可です。
また、刺激物となる香辛料(唐辛子・香辛料などのスパイス類)も不要です。

その他

生もの(刺身、生肉)や硬めの食材(貝、タコ、イカなど)は衛生面の不安や消化器系への負担が大きいので止めましょう。
また、犬の代謝上、生の卵白(栄養障害を起こすため)、牛乳(乳糖の消化酵素が少ないため)、ブドウ・レーズン(理由不明だが腎不全を起こす可能性あり)は与えないでください。
また、人はビタミンCを合成できませんが、犬は合成できる動物ですので、果物などを与えなくても問題ありません。

人の基準で判断しないことが大切ですね。

与える時期

栄養価計算ができるなら、どのライフステージで手作りの食事を与えても問題ありません。
でも、自信がない人は、子犬期・老犬期は市販のドッグフードを中心に与えることをおすすめします。

子犬期は少量でも栄養価の高い食事を必要とし、作られた体が一生の健康を左右します。また、老犬、特に超高齢の犬ほど少量で高たんぱく・低カロリーの食事を与えることが、健康と体力の維持に必要です。
これらを手作りするのは、かなり難しいと言えるでしょう。

ひと手間かけてあげたいのなら、油分の少ない茹で汁などをフードにプラスしてあげましょう。嗜好性がアップしますよ。

手作りのメリット

いろいろと気をつけなければならない点もありますが、手作りにはメリットもあります。
それは、無添加で新鮮な安心フードということです。

市販品は品質を長期間維持するため、添加物を使用したものも多く見られます。また、使用・不使用に関わらず、開封と同時にフードの酸化は進行し、劣化していくことは避けられません。

また、市販品はある基準を満たした内容になっていますが、その基準が愛犬に合わないことだってありますね。太りやすい・下痢をしやすい・肌が弱いといった体質などは一頭一頭ちがいます。

この点、手作りなら愛犬の体質だけでなく、その日その日の体調に併せて作ってあげることも可能です。完全なオーダーメイドのメリットですね。

食材について

犬は肉食性の強い雑食動物です。肉・魚・大豆などのたんぱく源をたっぷり与え、穀類や野菜類をプラスします。
基本は加熱調理と心得ましょう。

なお、ここでは前述の理由から、成犬を中心とした食材を紹介します。

毎日、栄養成分を計算するのは大変なので、目安をあげておきますね。
   1回の食事量:犬の頭くらいの体積
   肉の量   :1回分の4分の1以上
残りは、野菜や穀類です。参考にしてください。

それでは、食材を紹介しましょう。

たんぱく源

脂肪分の少ないものならOKです。牛・豚・鶏(ササミはおすすめ)・魚・大豆(おから)などを与えましょう。
湯がけば余分な脂肪を取り除くこともできますね。

イワシなどの小魚は骨が柔らかいので、そのまま与えても大丈夫。カルシウムの供給にもなりますよ。

穀類

炊いたご飯を与えましょう。マッシュした芋類でもOKです。
パンはカロリーが高いので少量にしましょう。

野菜類

肉類から摂取しにくいカリウムを多く含むのが野菜類です。積極的に与えましょう。
ブロッコリー、キャベツ、ハクサイは調理も楽でおすすめ。ニンジンは火が通りにくいので、薄切りにしましょう。

その他、海藻類はミネラル豊富ですが、消化が悪いので少量を細かく切って与えます。キノコ類も同様にしましょう。

おすすめの調理法

これらの食材に火を通して与えれば、手作りご飯の完成です。
ですが、せっかくの素材の栄養を逃がしたくないですよね。

そこでおすすめしたいのが“蒸し煮”です。
焼くだけだと食材が柔らかく仕上がらないし、煮ると野菜のカリウムやビタミンが煮汁に溶け出してしまいます。煮汁ごと与えれば問題ありませんが、水分が多いのを好まない犬もいます。
そこで、煮汁をごく少量にして蒸すのがいちばん!汁気は少量なので、一緒に与えても、スープとして別皿にいれても良いですね。

市販のフードと併用にするなら、煮汁をかけるのも良いでしょう。

最近はドッグカフェなども増えているので、盛り付けやメニューを参考にするのも良いですね。
なお、手作りの食事は愛犬の体調を見ながら、飼い主の責任において与えるようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA